事業内容

TOP > 事業内容 > コンクリート切断・穿孔工事

非破壊検査からコアボーリング工事・アンカー工事まで
SSK工業のワンストップサービス!

ダイヤモンドコア穿孔工事

施設ビル改修、マンション、団地リノベ―ション工事、病院、空港施設、新築ビルデッキ開口工事、橋、ダム、地下構造物など様々な材質に構造物に対し、小口径Φ12.5mm~大口径Φ600mmまで、また連続コアで角開口やΦ3500など角度穿孔、天井向き穿孔、乾式コア穿孔とコンクリート深さ各サイズにより対応し、穿孔工事を行います。

ダイヤモンドコア穿孔工事イメージ1

コアボーリング工事の施工写真

  • 01.エアコン用Φ75壁コア抜き
    コアボーリング工事の流れイメージ1
  • 02.ALC壁コア抜き
    コアボーリング工事の流れイメージ2
  • 03.デッキ開口
    コアボーリング工事の流れイメージ3
  • 04.天井向き乾式コア抜き
    コアボーリング工事の流れイメージ3
  • 05.擁壁Φ300 L=1500
    コアボーリング工事の流れイメージ5
  • 06.雨水管壁Φ3500 Φ160連続コア
    コアボーリング工事の流れイメージ6

ウォールソーイング工事

ウォールソーイング工事とは、コンクリートの床・壁・階段・柱・擁壁を切断する工事です。窓枠・ドアを取り付けるための開口作成用のコンクリート面の切断時、耐震補強工事・改修工事に伴うコンクリート面の切断時に行っています。

切断させたい面に機械が走行するレールを固定し、固定されたレールの上をウォールソーマシンとダイヤモンドブレードが走行・高速回転しながらコンクリートを切断していきます。
この工事では、直線的で綺麗な切断面をつくることができ、重機が入れない狭い場所でも作業を行うことが出来ます。

ウォールソーイング工事の概要イメージ1

ウォールソーイング工事の施工写真

施工中①
施工写真イメージ1
某団地集会場改修工事に伴うドア開口のための壁撤去作業
施工中②(横方向に切断中)
施工写真イメージ2
擁壁撤去工事
切断後
施工写真イメージ3
赤点線部分の撤去完了

ワイヤーソーイング工事

ワイヤーソーイング工事とは、ダイヤモンド製のビーズが数珠つなぎに通されたワイヤーをコンクリートへ巻き、そのワイヤーを機械により張力(引っ張る力)をかけながら高速回転させることでコンクリートを切断させます。

この工事は、「無振動」、「無粉塵」、「低騒音」で作業することができ、また、大きさ・形を問わずにコンクリートを切断することが出来ます。

ワイヤーソーイング工事の施工写真

桟橋床
施工写真イメージ1
支障物縦切断
施工写真イメージ2